「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2016年12月2日金曜日

この骨は誰のどこの骨? Whose bone is this?

火曜日に横浜の友人に家に寄ってヒキガエルの死体を貰った時、
シカかカモシカの蹄の部分の第一指骨だと思って受け取った小さな骨があった。
しかし、先ほど改めて見たら、第一指骨ではない(Fig.1とFig.2)。
?????だ!

ぼくの手持ちの哺乳類の骨ではこのような骨は一つも無い。
何の骨だ?

 Fig.1 シカかカモシカの第一指骨(蹄が被さる部分)と思っていた骨
Fig.2 左:Fig.1の左の骨の上側の下にして撮る。右:Fig.1の右の骨を裏返す

では、誰の骨なんだろう?
お解りの方、教えて下さい。まさか、魚のタイなどの口の骨かな?
そう思うと鯛の塩焼きを突いて食べた時に、、、?
で、もしやと思って「鯛 口の骨」でネット検索したら当たった!
イシダイStriped beakfishOplegnathus fasciatusの口の骨のようだ。
http://on.trnprn.com/?p=370
Fig.1の左が上顎の骨で、右が下顎の右の骨のようだ。
このような色になると魚の骨とは全く思わなかった。重量もそれなりにあるのだ!

友人から上の骨のことで連絡がある。
沖縄で53cmのクロダイ(ナンヨウチヌかミナミクロダイという種類のようだ)を釣ったことがあり、その記念にとっておいた物だろうとのことです。

0 件のコメント: