「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、身体、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2018年11月20日火曜日

コモンリスザル  South American squirrel monkey

今日は専門学校で1、2限目の授業があった。
帰路、飼育の檻をのぞいたらリスザルを肩に乗せている女子がいた。
リスザルの世話係のようだ。
ぼくがカメラを向けると女子は恥ずかしがって後向きになった。
ちょっと残念であるが、学校で飼育されている動物たちをこの場でアップしていこうと思っているだけなので、まー、これでも構わない。
しかし、後ろを向いたのでピントがずれた。
学校にはサルの仲間はこのリスザルだけである。
飼育女子の肩に乗るコモンリスザルSaimiri sciureus

もう、何十年も前に南米の「リスザル猟」というのを本で読んだことがある。
リスザルは驚かして追うと地面に降りて走る。そのため、リスザルを追い込む方に漁網をV字状に囲って、Vの先は穴を開けて逃げ込む別の袋を作って置き、皆で声を出して追い込むようだ。
すると、樹幹を跳び回っていたリスザルたちは林床に降りて走り出す。もちろん、漁網の高さは1メートル足らずしかないので、上から逃げていく個体もいるが、大半は追い込み先のV字の先の穴の袋に入ってしまうようだ。
このリスザルの習性は、ニホンザルでも同じだ。捕獲檻に入ったサルを捕まえるには、檻の角にサルが潜れるくらいの穴を開けて、その先に穴の大きさに合わせてゴルフネットのような網を筒状につけておくと、捕獲檻に入ったサルたちは檻に人が檻に近づくか入っただけで、逃げ場所を探し、一頭でもその穴を見つけて入っていくと、次々に入り、サルの腸詰(ネット詰)が出来上がる。
これは、他の動物やヒトでも同じかもしれない。

明日から一泊二日の丹沢実習だ。1、2年生合同の宿泊なので楽しみだ。でも、夜は寒いだろう!

2018年11月19日月曜日

ウマとは意思疎通ができる? You can communicate with horses?

とうとう6時になっても暗い日となってしまった。これからは山も暗い内に歩き始めなければならない。
昨日、高校生向けの授業をするため葛西にある専門学校へ行った。
ぼくの担当の野生動物保護専攻への学生は参加者でゼロであった。
帰路、飼育専攻で飼育されているウマとカピパラにちょっと話しかけてきた。
面白いことに僕が檻の回りで動き回るの静かに見つめて、ぼくを気にしているのはウマであり、ウマの右手にいるカピパラはぼくの存在には全く無関心であった。
ウマの気持ちは何となく理解できるような気がしたが、カピパラの気持ちは人は解らないのでないかと思った。
ぼくが写真を撮ったら、なんとなくポーズをつけた

カピパラは全くぼくに無関心
帰りの電車の中で、ウマとカピパラの事について考えた。ウマは家畜歴が長いし、さらにウマとヒトとの関係はカピパラとヒトとの関係とは異なる。ウマは専ら使役として人に使われてきたが、カピパラは食糧として人に殺されてきた。使役としての人との接触が互いに意志が通じ合えるようになったのかもしれない。

2018年11月18日日曜日

人家近くのテンはカキの実を食べている  The marten which lives near people house eats fruit of percimmon

11月15日に初めてのルートを歩いたが、シカの警戒音を2度聞いたし、イノシシの掘り起し跡も見たが、テンやタヌキ、アナグマの糞は見つけられなかった。それはルートファイディングに目を凝らしていたためではないかと思っている。

2018Nov15のルート図とテン糞①~④とタヌキ糞の位置

以下は、糞を見つけた時刻と内容物だ。
7:05  テン糞1
サルナシ種子・果肉・果皮(果実1個分)、カキ果肉・果皮

7:12 テン糞2
サルナシ種子・果肉・果皮

11:18 タヌキ糞
サルナシ種子・果肉・果皮、シデ類の苞片(1枚)、マメガキ種子1個

12:07 テン糞3
マメガキ種子・果肉・果皮、サルナシ種子1個

12:35 テン糞4
サルナシ種子・果肉・果皮、アケビ種子3個+1

以上のテン糞4個とタヌキ糞の全てにサルナシを食べた痕跡が出ており、他は、マメガキやアケビの種子、タヌキ糞ではクマシデ?の苞1枚とテン糞1では農耕地のカキを食べたと思われる果皮付き果肉が出てきた(下表 )。これまで、シデ類の苞が出てきても偶然に拾った糞に混じったものだろうと思ってきたが、今回のタヌキ糞では糞塊の中の糞粒を採った時にも回りを確かめているので、タヌキが糞を排泄した後に混じったものではないと思い。内容物にクマシデ?苞1枚とした。

表 テン糞4個とタヌキ糞の内容物(詳細は上記)

2018年11月17日土曜日

美味しいキクの花の酢の物 Delicious chrysanthemum flowers in vinegar

昨日の知人の畑のサツマイモ掘りで、最後に、食用菊の花を摘んだ。
ぼくはこの酢の物が大好きだ!
何故か、菊の花の香と巣の味で優雅な気分に浸れる。
剪定ばさみというよりも通常の断ち切りばさみで花のがくの5ミリくらい下を切り、ザルに落とす。面白いように花はがくの方を下に向けてザルに入る。そのため、まるで花を上に向けて丁寧に並べたかのように積もる。

今夜も昨夕の残りの花を食べた。まだ、あと1回分残っている。シルクスィートはお昼に食べた。甘い!

サツマイモ掘り Digging sweet potatoes

昨日はいつも根菜類を持ってきてくれる知人の畑のサツマイモ掘りだった。10時に知人の家まで行き、車を連ねて畑へ。
前日は知人と奥さんとでイモ掘りをおこない、今日は知人とぼくの二人だ。午前中だけで終わるかな?っと思った。
しかし、草刈鎌を持って、隣の畝との間の境界に侵入している芋づるを持ち上げながら切らなければならない。普段、使ったことのない腕の筋肉がすぐ悲鳴を上げ、中腰なので腰も痛くなった。
それを知っている知人は叫ぶ、「休み、休みしなければ続かない!」
根本から蔓を切り落とし、蔓全体を引っ張るとトノサマバッタやショウリョウバッタやコオロギが飛び出す。
向こうの3畝がサツマイモ畑
先ず、安納芋の一畝をやり、これで休憩だ。座って、持ってきたお茶を飲む。天気が良く暑いので車の日影に移動だ。20分位して再開だ。
今度は、シルクスィートという最近出始めた柔らかく甘いサツマイモだ。
安納芋もシルクスィートも派手にネズミに齧られている。
蔓をどけた畝に両膝を着いて、軍手をつけた両手で芋全体を手掘りしていく。ネズミかモグラの穴、トンネルが縦横無尽に走っている。
何故か今回はネズミを一匹も出て来ない。前は、ネズ吉と名付けたアカネズミを捕まえたことがあった。今回は齧られた食痕がたくさんあるだけでアカネズミそのものを見つけられなかった。ちょっと残念!
掘り出したシルクスィート
全部、掘り出したのが2時近く、卓上ガスコンロでお湯を沸かし、熱湯をカップヌードルに注ぐ。さらに、知人の奥さん手作りの畑で採れたカブの酢の物と大根の漬物、さらに小さく切られた柿の実と梨の実。
最後に、ドリップコーヒーを飲んでほぼ1時間のお昼を終える。
籠に容れた安納芋(奥二つ)とシルクスィート(手前)
もらったシルクスィート、手前はネズミに齧り取られている
知人はぼくが菊の花の酢漬けが好きなことを知っているので、「菊の花、できるだけ多く持っていきな!」とハサミとザルを渡してくれる。ぼくが菊の花を切り取っている間、知人は作業道具の片付けや畑に散らばったサツマイモの茎や葉などを綺麗にまとめて、畑の整地だ!
ぼくはザルに山盛りいっぱい菊の花を採った。
もちろん、夕食時にどんぶり一杯の菊の花の酢の物をウィスキーとともに味わう。まだ、半分以上残っている。あー、今日も充実していた!

2018年11月16日金曜日

昨日歩いたルートとウェイポイントを下の地図で示した。
15日のGPS上のルート図
①シカ柵ゲートから山に入った ②8:42に尾根で最初にあった52番の白い杭 ③野バラの実を採り、東方の風景を撮った地点 ④9:14の→ピーク515 弁天の森キャンプ場とあった白い杭の地点 〇9:52にトラロープが出始めた地点 以上が昨日アップしたところ。⑤以下が今日アップした地点
⑤10:16 道標:ひょうたん広場 道標
⑤の道標 見晴らし広場 すりばち広場
この⑤の道標の所を少し北西に登り始めると再びトラロープだ。西に大山山頂が見える。この登りは急であり、足元がザラザラして滑る。でも、トラロープに頼らなくても大丈夫。木の根をつかむ。
アイゼンがあれば滑らなくて良いかな?なんて思いながらしっかりした木の根をつかむ。
おー、ようやく馴染みの場所だ!あの割れた土管が見える。
⑥10:29 鐘ヶ嶽と大沢分岐を結ぶ稜線だ 
⑥何故かピークに土管がある
ここは風当たりが強いので、早めの温かい場所を探す。
少し、鐘ヶ嶽方面に下って行くと、陽が射し、風も当たらない場所があったので、そこに座り込む。ガスストーブに火をつけ、コッヘルを載せ
ペットボトルの水を注いで蓋をする。沸いてきたので、インスタントラーメンを入れ、生卵を落とす。朝食抜きだったので、完食だ!
お昼に30分も費やして歩き始めたら、1分もしないですぐタヌキのトイレだ!タヌキ糞の側でお昼を食べていたんだ。
タヌキの糞粒(塊)のマメガキの種子が出ているのは止めて、左側の少し白っぽい糞を採る。
⑦11:18 タヌキのタメ糞だ!
 タメ糞があったところから間もなく山道はシカ柵に沿っている。尾根をそのまま下らずに途中から鐘ヶ嶽方面への急な下り道を行く。そしていつもの広沢寺温泉への道標がある鞍部にでる。お昼を終えた時は鐘ヶ嶽に行こうと思っていたが、この鞍部に着いた時は、浅間神社からのあの階段が続く参道が頭に浮かび止めて、このまま二の足林道に降りることにする。
⑧11:51 大沢分岐と鐘ヶ嶽の鞍部
 上の鞍部のところにもテン糞があることが多いので探したが見つからず、しかし、鎖場の道をくだっていて見つけた。
⑨12:07 テン糞3
⑩12:13 二の足林道着 
⑪12:19 ゲートを過ぎる
ゲートをスギ、山に入ったところを過ぎ、新しくできた立派な橋の端にやはりテン糞はあった。サルナシの種子が入っていて古い。
12:35
12:50 広沢寺温泉駐車場に着く。たくさん車が駐車している。ぼくが着いてザックを下ろしている時も夫婦の登山者が出かける用意をしていた。
始めての道なのに、2万5千の地図を忘れていた。しかし、大体地図が頭に入っていたし、大山山頂が見えたので、しっかり歩くことができた。
始めての道は緊張感があって、身体全体に力がみなぎるし喉も乾く。

2018年11月15日木曜日

始めてのルート  The first route

7時に広沢寺温泉駐車場を出発。
二の足林道を山神トンネルに向かって歩く。広沢寺温泉にある農家が見える。裏山は陽が射しているが、谷あいにある家にはまだ、朝日が当たってない。
マユミの果実を5個もらう。
マユミの果実
7:04 大釜弁財天への入り口(白いペンキを塗った道標)に到着
この付近にはテン糞がある筈なので探す。
テン糞1は左の石垣の側の側溝の蓋の上

テン糞1

橋を渡足り終える時に、テン糞を探すがない(帰路見つけた)。探しながら歩いていると橋から3、4メートル離れた沢側の路肩にあった。
が、乾いている。でも、ゲットだ!
テン糞2
何故か、道路の真ん中で2匹のナナフシが1メートルちょっと離れて死んでいる。どういう訳だろう?
7:20 ナナフシ2匹
7:34 何故か、この場所に来て、壊れたシカ柵の扉を見て、ここから山に入って見ようを思う。保安林区域図と書かれた看板が立っている。
きっと、しっかり山の人たちの仕事道がついていることだろう。
扉を潜ったところはしっかり沢沿いの道があった。が、すぐ道は分からなくなる。尾根に向かって登る。立ち木を利用したボルダリングのようにして上へ上へと登る
尾根に出ると道がはっきりしているが、細尾根の箇所がいくつかある。
白い杭が出てきたので、ほっとする。後は、この尾根を登るだけだ!
8:42 52と書かれた白い杭に出る
尾根上に道を塞ぐように野バラの仲間がある。でも、最初見た時は、ズミだとばっかり思って、種子を見るために実を採る。
この時に、これはズミではなく野バラの仲間だと判る。
8:49 枝にトゲがあるのでズミと思った
野バラの果実
この野バラの場所を過ぎて、一休みする。サーモの暑いお茶を飲む。
東方には伊勢原?厚木?の街並みが見える。太陽が眩しすぎる。
9:14 保安林の白い杭があるピークに出る。ぼくが登ってきた尾根を降りると二の足林道ゲートに出るようだ。また、東方に行くと515ピークを過ぎて弁天の森キャンプ場に行くようだ。
ここで、迷う、キャンプ場方向へ降りる。515ピークの手前のピークまで行く。しかし、このピークからどちらに下ったら良いのか判らないので、戻ることにする。時々大山山頂が見える。兎に角、尾根を登って大山方面を目指し北の方に巻いて山神トンネル方へ向かうことにする。
急な登りが続く、トラロープが出てきた。しかし、これには頼りたくない。トラロープがあるルートは一層険しい箇所が多く、立木の根などを頼りに登るルートの方が楽だ!
9:52 工事現場で使われている新旧のトラロープ

冠雪の富士山 Mt.Fuji crowned with snow

今朝6時ちょっと前に家を出て、広沢寺温泉駐車場に向かった。
走る真正面に富士山が見える道がある。今日の富士山は山頂から8合目付近までは雪の帽子を被り、朝日を浴びてくっきり浮き上がってみえた。
丹沢はまだまだ冠雪しないが、今日は休むと風が非常に冷たいので、休む毎に薄いジャケットを羽織った。
今日は、まったく歩いたことのないコースを歩き、途中、目的の知っているピークになかなか出ないので少し焦った。が、良い運動だった。
8キロちょっとを6時間かかった。

2018年11月14日水曜日

動物糞の内容物ーこの種子を教えて! The contents of carnivora's scatsーTell me these seeds!

Maru氏と歩いた8日の土山峠・宮ケ瀬尾根で見つけたテン糞、タヌキ糞、アナグマ糞を水洗いした。テン糞5の内容物の中からこれまで見たことがない不明な種子が出てきた。
以下は、テン糞4個、タヌキ糞4個、アナグマ糞1個の内容物だ。
サルナシ、マメガキ、ケンポナシ、アケビ、ミズキが食べられていたし、不明種子もあった。
7:59 テン糞1
サルナシ種子・果肉果皮

8:13 テン糞2
サルナシ種子・果肉果皮、マメガキ種子・果肉果皮

8:42 テン糞3
サルナシ種子・果肉果皮、マメガキ種子・果肉果皮

11:37 テン糞4
サルナシ種子・果肉果皮、アケビ種子

13:17 テン糞5だ!
サルナシ種子・果肉果皮、オオウラジロノキ種子、不明の種子(下)・果皮
テン糞5から出た不明種子

9:39 タヌキ糞1
マメガキ種子・果肉果皮、サルナシ種子、昆虫脚

11:41 タヌキ糞2
ミズキ種子、サルナシ種子・果肉果皮、

12:21 タヌキ糞3
サルナシ種子・果皮、ケンポナシ種子


12:22 タヌキ糞4
サルナシ種子・果肉果皮、ケンポナシ種子・果肉果皮果柄

12:43 アナグマ糞
サルナシ種子・果皮、不明植物砕片、節足動物外皮肢、砂泥