「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2017年4月25日火曜日

ムササビの食痕!?  Some feeding signs of the flying squirrel!

昨日のT.M.さんとの、広沢寺温泉無料駐車場・鐘ヶ嶽・大沢分岐・梅ノ木尾根・見城山の尾根歩きで、ムササビPetaurista leucogenysに食べられた痕と思われる食痕が数か所で見つけた。

9時8分、浅間神社までの参道の途中の2、3か所で、ソメイヨシノの枝先が折られて道に落ちていた。花が終わったばかりの小さなサクランボが付いている筈の果柄の途中で噛み取られていた。リスではなくムササビの食痕と考えた。
9:08 ソメイヨシノの実を食べた痕 
鐘ヶ嶽山頂を過ぎた辺りで、こんどはコナラの雌花がついている枝先がたくさん落ちていた。手に取って見ると、雌花が食べられている。これもムササビの食痕とした。
9:44 コナラ雌花を食べた痕
9:48 コナラの雌花が付いた枝先が落ちている
見晴し台から尾根を下っていくと、マメザクラの枝先がいくつか散在している。花弁は落ちたが、少し膨らんだ子房部分がガクと一緒に噛み取られている。ムササビの仕業だろう。
10:53 マメザクラの子房と花を食べた痕
道や林床に落ちたサクラ、コナラ、マメザクラの枝先にはそれぞれ実、雌花、子房が付いている部分が噛み取られている。リスではなくてムササビが食べたものとしたがどうだろうか?どなたか教えて下さい。

0 件のコメント: