「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2014年4月17日木曜日

カヤネズミだった! That was a harvest mouse.

4月2日にやまぼうしさんからプレゼントされたネズミをアップした。
ヒメヒミズかカヤネズミか判断がつかなかった。
そのため、剥皮して、内臓を取り除き、除肉して、頭部と他の部分とに分けてペットボトルに容れて水に浸けておいた。 
解体する前のカヤネズミMicromys minutus と思われるネズミの各サイズ。 
ようやく、晒骨できた。
下は頭部以外の骨。
 赤線で囲った①は腸骨、坐骨、恥骨の一部だ。②は頸椎、胸椎、腰椎の骨である。
③が大腿骨と一部合体した脛骨と腓骨、④が肩甲骨、上腕骨、橈骨、尺骨だ。
⑤の辺りに散らばっているのが肋骨であり、⑥の辺りには尾骨や肋骨が見られる。
しかし、こんなに小さなサイズの大腿骨や上腕骨は初めてだ。
下は頭骨部分の骨片だ。
このように頭骨が各パーツにバラバラになったために、
ヒメかカヤを同定する手掛りを失くしてしまった。
①は臼歯であり8個ある。②は聴胞で随分大きいね。③は首の骨の第一頸椎(環椎)であり、
④は後頭骨部分の大孔を形成する骨だ。⑤が前頭骨部分であり、⑥が蝶形骨、⑦が頭頂骨、⑧と⑨が切歯と前額骨と上顎骨、⑩が下顎骨と切歯である。尚、⑧、⑨の上顎骨には第三臼歯が⑩の下顎骨にも第三臼歯が残っている。

 ①の臼歯の部分である。まだ子供のネズミであることがわかる。
歯根がまだ完成していない。
当然咬面も擦り減ってはいない。
 左上顎骨に残っている第三臼歯
右上顎骨の第三臼歯
左下顎骨の第三臼歯
 8個の臼歯を抜けた上顎部分や下顎に挿入してみれば、もう少し、カヤかヒメか
肉薄できそうだが、、、ピンセットで摘み上げて適切な箇所に挿入していく根気がない。
とうとう同定できなかったが、
一番上のこの個体の全身を写した写真を見ると、尾の先に毛がないように見えることにお気づきだろうか?
ぼくは、解剖する前から、ネズミは尾の先の毛が無い(実際は無いのではなく白い薄毛がまばらにある)のが結構普通にいるのかなと思っていた。
しかし、「日本の哺乳類」東海大学出版の日本産ネズミ科の検索表では、
ヒメとカヤを区別する一つとして、カヤネズミの「尾の先端部が裸になっている」とある。
幼獣であろうと尾の先端部には毛がないのだろう。
とするとこれは?尾の先端は裸ではなく白い毛だ。オトナになると白毛が抜け落ちる?
そうすると、カヤネズミということになる。
何だー!一体!骨標本にするまでもなかったではないか!
まー、こういうことが往々にしてあるから面白いネ。
カヤネズミのコドモだろうけれど、③の上部の大腿骨の骨頭の軟骨はもうしっかり骨化しているね。
とすると、身体はもうオトナになりかけているかな?
 
でも、切歯は細く華奢であり、テンたちが食べたら糞として出てくるかどうか疑問だ。
が、臼歯は出てくるだろうが、オトナでどのくらいの大きさで咬面が擦り減っているのだろうか?
それとも、咬頭が鋭く尖っているのだろうか?
 
Animal Diversity Webhttp://animaldiversity.ummz.umich.edu/accounts/Micromys_minutus/
では、カヤネズミは生後37日♂、40日♀で性成熟に達し、20日間の妊娠でアカンボウを産むようで、野生での寿命は1.5年のようだ。
さらに、臼歯の咬面は尖っているとある。さらにさらに、聴胞は大きいとある
上の②の聴胞を見た時は、他の頭骨の部分に比べて随分デカイと思ったのだ。
尚、ADWの記載では、尾の毛色は2色で、先端は色がないとある。
「日本の哺乳類」では尾の先端が裸と書いてあるが、
この個体の尾の先端は薄い白い毛だったのだ。
この個体は間違いなくカヤネズミだ!
となると、この個体はもう性成熟に達しているが、成長している個体といえそうだ。
つまり、生後1.5年くらいでも咬頭は擦り減らないで尖ったままなのだろう。
でも、尾の先端の記載の違いはどうしてだ。
やまぼうしさんからプレゼントされた個体は薄い白毛だった。
が、「日本の哺乳類」では裸となっている。
このカヤネズミはヨーロッパ産のものに近いということか?

6 件のコメント:

bluetittit さんのコメント...

初めまして。一昨年の暮れに巣内で死亡していた生後15ないし16日齢の仔を博物館に標本として送ったのですが、画像を見ると尾の先までしっかり毛がありました。幼獣の場合は、尾の先まで黒っぽい毛が生えているんでしょうかねぇ…?? カヤネズミのホネは初めて見ました。珍しいものを見せていただき、ありがとうございます。

fukuda, fumio さんのコメント...

bluetittitさんへ
初めまして!コメントありがとうございます。
生後15・16日齢のコドモのカヤネズミは尾の先まで毛があったんですか!

そうすると、ぼくがアップしたカヤネズミはすでにオトナになっているということですね。もし、そうだとすると、「日本の哺乳類」とADWの記載から次のように考えられますね。

カヤネズミの尾の先の毛は、幼獣の時は黒褐色の毛があり、日齢とともに毛は白っぽくまばらになり、最後にはその毛も無くなって裸になるということかもしれませんネ。

尾の先が黒っぽい幼獣を見てみたいものです。さらには毛の無い成獣を見てみたい。

bluetittit さんのコメント...

遺骸の画像はちょっとアップしにくいので、ピカサアルバムのリンクを後ほどメールでお知らせしますね。

fukuda, fumio さんのコメント...

bluetittitさんへ

ピカサアルバムで幼獣の写真見ました。どの個体も黒褐色の毛が先までありますね。

わざわざメールでお知らせありがとうございます。

やまぼうし さんのコメント...

hukudaさま

カヤネズミだったのですね!

尾の先は肌も白く毛も白かったですよね。
日齢と供に変わるなんて興味ありますね。

また何か見つけたら連絡します。

昨日の谷太郎にもテン?かと思う糞が
何個かありました。

終点駐車場から橋を渡り不動尻方面に
橋を2~5回渡ったあたりです。

fukuda, fumio さんのコメント...

やまぼうしさんへ
日齢とともに、尾の先が黒褐色の毛から、白毛・肌色、毛無しとなるかは、まだちょっと仮説の段階ですが、どうもそのようですね。

だから、丹沢のネズミで尾の先が白か毛無しだと完全にカヤネズミには間違いなさそうですね。

いつも山のプレゼントを頂いて感謝です。また、植物を教えてもらいたいです。

テン糞の情報もありがとう。今日の雨で流れるかな?
ヤマシャクヤクの季節も近づいてきましたね。