「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2014年4月27日日曜日

この歯は誰の歯?ネズミ科?ヤマネ? Whose teeth are these? Muridae or Gliridae?

テン糞2に含まれていた骨
a:下は左上の切歯、上の二つは下の切歯だ。
b:臼歯である。7個ある。
c:右の下顎骨部分かな?
d:上腕骨の肘にあたる部分
e:左は尺骨で右は橈骨だ!
切歯はやまぼうしさんよりプレゼントされたカヤネズミのものより少し大きいのだ。
しかし、尺骨や橈骨は短い。
↓の臼歯は根が二つあり、どこかで見たようだ。ヤマネのに似ている。
2012年5月4日のアップしたヤマネの臼歯だ。
歯が抜けた穴をみると、アカネズミのものではないようだ。でも、はっきりしない。

咬面の模様をみた。
方眼紙に木工ボンドを薄くひき、その上に臼歯をピンセントで摘まんで乗せる。
これが難しい。 
ん?ヤマネの臼歯の模様と違う。
?????何だ?誰の歯だ?
臼歯の歯根のどれも2本なので、ネズミ亜科のものでない。
リス科のものとも違うようだ。では、ヤマネか?
イヤ、ヤマネとも咬面の模様が違う。
切歯はカヤネズミの大きさで、前足の尺骨や橈骨がカヤネズミより大きい、
臼歯の咬面の模様がネズミ亜科のものでもなく、リス科でもヤマネ科でもない。
あー、分からない。
臼歯の歯根の数や、下顎の咬面の模様などの詳細は
図鑑(「日本産哺乳類頭骨図説」阿部永、北大出版)には載っていない。
 
多くの検索図鑑がそうであるが、完全に損傷のない頭骨を用いて
近縁の他種と比較した検索表となっている。
山で拾う死骸の大半が損傷したものである。さらに、食肉目の糞から出てくる
骨や歯は個体のパーツの一部分である。
動物の骨や歯のせめて3、4カ所以上のパーツがどの部分にあたるか分かるならば、
種Speciesまで同定できるような図鑑ができないだろうか?
そんな図鑑はほんの数人や研究者やマニアしか使わないから意味がないのかな?
 
古人類学では、一本の歯の化石で人類進化が語られている。
ヒト科の歯はそれほど詳細に研究されているからバックデーターとしての資料が蓄積され、
基礎的研究がなされている。
日本に哺乳類研究所のようなものが少ないのも、
日本の哺乳類研究、とくに野生動物研究が遅れていることに通じているかな?

6 件のコメント:

bluetittit さんのコメント...

すみません。まったく何の背景知識もないのですが、「野生動物発見!ガイド」を購入し、ホネや歯に興味を持ちました。付け焼刃の孫引き見立てなのですが^^; 大きさから言うとハツカネズミサイズかとも思いますが、ハツカネズミの場合は切歯に独特の切れ込みがあるらしいので、どうも違うような気がします。それとすべての臼歯に二本の歯根があるのでネズミ亜科ではないとのことなのですが、↓の画像が検索で出てきて悩み中です。
http://www.biopathology.jp/gyoumunaiyou/HE%20stain.html

bluetittit さんのコメント...

あっ、ひょっとしてaの切歯って、左側が歯の先なんでしょうか? (もう全然わからない世界です)。とすると、ハツカネズミ独特の切歯の切れ込み?のようにも見えます…が、あてずっぽうなのでたぶん、違ってそう…

bluetittit さんのコメント...

何度もすみません。
マウスの下顎臼歯
https://www.youtube.com/watch?v=oLn70NiouS4
咬面(野生型?のものに似ているような…)
http://www.nature.com/nature/journal/v432/n7014/fig_tab/nature02927_F1.html

fukuda, fumio さんのコメント...

bluetittitさんへ
http://www.nature.com/nature/journalの紹介された図を見ました。本文は読めませんが、確かにWild typeのものに似ていますね。しかも、長さも1.7ミリくらいで似ている。
マウスの歯根が出ている画像、biopathology.jp/のは横からなので2本に見えますね。
マウスの頭骨はMarikoさんが最近頂いた骨格標本があるですが、解体しなければ見えないので、どうしようか迷っております。

後程、アカネズミ(ネズミ亜科)の臼歯の歯根をアップします。ん?あのカヤネズミもシマスネ。
しかし、youtubeであのようなマウスに下顎臼歯を回転させて、見せてくれるなんて驚きです。これは歯根は2本のようですね。

aの切歯で、上の下顎切歯は左側が先です。ですから右の切歯ですね。下の上切歯は右側が先になります。ですから左の切歯です。
ハツカネズミの臼歯が似ていそうですが、dの上腕骨の部分、eの橈骨や尺骨がマウス(野生ではない)のそれぞれの部分と比べるとあまりにも小さいのです。

bluetittitさんのコメント、大変嬉しく思います。

bluetittit さんのコメント...

あっ、上顎切歯は右が先だったんですか。じゃあ、ハツカネズミではなさそうですね。ネズミマニアなので「ネズミの分類学」(金子之史)が手元にあるのですが、そこにハツカネズミの特徴的な上顎切歯の切れ込み画像があったんです。アカネズミとカヤネズミの臼歯の画像、楽しみです!

fukuda, fumio さんのコメント...

ぼくは「ネズミの分類学」金子之史を買わなければなりません。

それにしてもbluetittitさんは何時寝ているんですか?

カヤネズミマニアからさらに進んでネズミマニアですか!大変強力な味方が側にいるようでありがたいです。