「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2014年4月25日金曜日

里は花盛り、山には雪

毎年の早春がそうだが、清川村の春はウメの花から始まり、
今は、ツツジやシャクナゲなども咲きみだれ
桃源郷という言葉があてはまるようなお花畑となる。
 
土山峠から湖岸の道を歩きだすと、何だ?
なぁーんだアケビの花か!
アケビの花がこんなにまとまってさいているなんて初めてかな?
朝日に照らされて眩しいほどのヤマブキが花をたくさん開いていた。 
猿ヶ島への尾根を登っていくと、ドングリたちが芽を出し始めていた。
それらを踏まないように歩くのが難しいと思うような場所も何か所かあった。
シカに食べられずに少しでも残ると良いのだが!
猿ヶ島の横倒しになったハリギリの幹に座ってお茶を飲むと、足元にキランソウ属の花が
林床から顔を出している。
ここで、どこからハタチガサワ林道へ降りるか地図を見る。
この猿ヶ島しまから直接張り出ている小尾根があるのでそれを下りることにする。
尾根から直接林道へ降りられないので巻いて沢へでる。
わー、まだ沢には雪が残っている。
30センチ以上もあり、シャーベットが固まったようになっている。
見上げると雪渓だ!
大雪だと雪の上に枯葉や木切れや石が覆い、雪がなかなか融けない。
今回は何故か、湖岸林道ではテンの糞を一個も見つけることができなかった。
山に入ってタヌキのタメ糞場は苗床のように芽がたくさん出ていた。
フィールドサインについては次回にします。

0 件のコメント: