「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2014年3月3日月曜日

雪の仏果山 The Mt.Bukkasan that covered with snow.

今日は3月3日の桃の節句だ。昨日は、専門学校で高校生向けの授業だった。
昨年まではぼくが高校生向けの授業を受け持った日の
野生動物保護専攻志望の生徒はほとんどが0だった。来ても一人だった。
だが、前回から学校側で具体的な内容にしたためか、前回も今回も3名以上だ。
0の時は、空しさを覚えて帰えりの電車に乗るが、一人でも参加者がいると、まるで自分が認められたかのような気分になるから不思議だ。
 
今日は、7時に家を出た。初めは久しぶりに伊勢沢林道か奥野林道を歩いてみようと思っていた。
清川村の尾崎の交差点で考えが変わった。
尾崎の交差点には雪が1メートル近くも盛り上げられている。
しかも、道路際にはまだまだ雪がたくさん残っている。
土山峠の曲がりくねった坂を登っているときには、もう、仏果山に登ろうと決まった。
大棚沢駐車場は運良く雪搔きがなされている。
小雨が降っているが、傘をさすまでもない。
駐車場から宮ケ瀬尾根を見る。まだ、湖岸林道も雪がありそうだ。
仏果山登山口を登り始めると登山カードを書き入れる箱付き、看板が倒れている。
っと、リスだ。とっさにこのカメラはリスに焦点を当てるのが難しい。
落ち着いて、ピンを合わせようとしていたら、湖の方へ降りていった。
もう一匹いたのだった。真ん中にいるが分かるかな?
倒れているスギを跨いでから写真を撮る。 
小雨もようが上では雪のようだ。まるで雪国だ! 
この辺りから日陰は残雪がたんまり残っている。
10センチくらい沈むだけでそんなに歩き辛い訳ではない。
この辺りから粉雪に変わっている。
高取山に先にいくことにする。
高取山から5、6名の中高年の男女のパーティがやってくる。
仏果山の雪はどうでしたか?と聞かれた。
宮ケ瀬越辺りからもう登山道も雪で覆われている。
見晴台の鉄塔に登る。
下を見る。先ほどのパーティが登ってきた足跡だ。
ん?ウサギの足跡もある。
仏果山の見晴台を写す。
大山山頂は雪雲で覆われている。
高取山の鉄塔で熱いお茶を飲んで下りる。 
ウサギの足跡を写す。
今日降った雪に埋もれたのだ。
ただ今自己最高体重の74.2キロだ。
重い。
高取山から仏果山に向かう時、お日様が射し、木の枝からまるで雨が降るような状態となる。
が、陽が射したのも1時間も無かった。
仏果山に行き、とんぼ返りだ。帰路、登ってくる登山者に会う。
今回は、登りも帰りもゆっくりとしか歩けなかった。
身体が重すぎる。毎晩飲むウィスキーの量を減らそう。
リスのまともな写真が撮れなかったのが残念だが、モミの松毬?のリスの食痕や
キクラゲの仲間2種とキノコ一種、さらにテン糞2個をゲットしてきた。
それは、次回に!
それにしても土山峠よりも標高が高いところは雪がまだ残っている。

2 件のコメント:

take隊員 さんのコメント...

腹が白いし、耳が長いのでニホンリスですね。何かくわえてますが、大きいのでエサではなく巣材かもしいれませんね。

写真から、周囲の見通しがよさそうなので、リスには危険です。

丹沢は雪ですか〜。

fukuda, fumio さんのコメント...

take隊員へ
そう、何をくわえているのか?っと思って大きく撮ろうとしたのが間違いだった。
木に停まった時に、枯れ葉を取ったので食べるのかと思った。

それにしても、こんなボケた写真でリスのことが分かりましたね。流石です。

二匹いたからペアーだったということですね。それとも、同性同士の争いかな?