「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2013年11月9日土曜日

仏果山・高取山の秋 The autumn of Mt.Bukka and Mt.Takatori

高取山から宮ケ瀬ダムを望む
すっかり木々の葉が茶っぽくなっている。
展望台から降りて、お昼用にもってきたインスタントラーメンを食べようと、ラーメンの袋をだし、コッヘルやガスストーブの器具を出したが、、、、、、ガスタンクを忘れたことに気が付く。
ムゥ、ムゥ、ム!とうとうこのようなことが山であるとは。仏果山・高取山だから問題無いが、これが一泊や二泊の山行なら遭難ものだ。もっとも、ライターとマッチは常備しているので、焚き火をしてお湯を沸かすことができるが、高取山の山頂でそんなことはできない。
持ってきた羊羹を食べ、ミカンを食べサーモに入っている熱いお茶を飲んで帰ることにする。
前日に吉村昭の「島抜け・欠けた椀」を読んでいたので、この本の登場人物たちのように飢餓で苦しむには値しない。お昼一食抜いたって、甘い羊羹やミカンを食べたのだ。
と、思うと途端に身が軽くなりすいすい下りてくることができた。
 登山道沿いのカシワバハグマも花が終わった。 
 コウヤボウキはまだ見頃であった。 
ニシキギの葉もここでは紅くなりづらい。
が、小さいが赤い実が目をひく。 
ハダカホウズキが赤い実をぶら下げている。 
ムラサキシキブの仲間が紫色の実を輝かせていた。
そして、道に落ちていたのは、ウラジロノキのツブツブがついた赤い実。
もう、秋の真っ盛りなのだ。
東丹沢は山が低いので鮮やかな紅葉は見られない。
しかし、秋が深まっているのが判る。

0 件のコメント: