「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2013年11月25日月曜日

丹沢宿泊実習

11月23日、24日とTCA専門学校の丹沢宿泊実習があった。
本厚木発7時50分発のバスに乗る。バスは増発された。
三叉路に着き、宿泊先の唐沢キャンプ場まで歩く。 
 ヤビツ峠方面へ入る道はサザンカの花が零れ落ちそうだ。 
吹風トンネルの手前でタイワンリスがこの斜面を横切る。
何故かテントウムシがたくさん溺れている。
サシガメが温かいので歩いていた。
オオトビサシガメだ。
キャンプ場に着いて、すぐ高畑山を5班に分かれて登る。
卒業生が6、7人前日からキャンプ場にいる。
ぼくは、卒業生のズーラシアで働いているUさんとと青宇治橋付近から尾根に取り付く筈だったが、Uさんが先に出たものと勘違いし、一人で登る。
尾根上で新しいカモシカ糞があったので撮っていたら、カモシカがこちらを見ている。
が、何故かディスプレーの画面が暗くなって、シャッターが下りない。
この状態が5時間近く続く。が、突然元に戻る。原因不明だ。
キャンプ場内で集合写真。
夕食はハヤシライスとハルサメスープだった。
夜なってキャンプ場に来た卒業生が二人いた。
Oさんは寝袋も持たず、焚き火で一昼夜過ごす。信じられないよ、全く!
朝食のトースト2枚にジャムやピーナッツバターを塗り、インスタントのコーンスープ。
さあー、9時になったので出発前の集合写真。
黒岩に向かう。
丸太の並べた木の橋を渡る。
サルトリイバラの赤い実だ。
イノシシがミミズなどの土壌動物を探し回った跡だ。
10時15分:黒岩の手前で、唐沢川を渡渉する。
素足になって渡渉した人が大半だったが、靴を脱がないで飛び石を利用した卒業生たち。
素足で渡渉したが、靴を水に浸けてしまったKu君、Muさんが心配そうに見ている。
登山靴を脱いで川を渡渉する時は、
靴の紐を結んで登山靴は首の前に左右に振り分けることを大声で云うべきだった。
物見沢沿いは紅葉が綺麗だった。
物見峠への登山道を歩く。
ここまでは、登り下りの高低差が少なく、秋の日差しの中を気持ちよく歩く。
黒岩を過ぎてから、今度は物見沢の右岸に沿って歩く。
タヌキのタメ糞だ!1年生の女子のYさんは動物のウンチを集めている。1個づつ採る。
彼女は冬のサル糞の匂いが好きだと云う。面白い!
子供のカモシカ糞だ。
物見沢を渡渉する。今度は靴を脱がなくても皆、問題なく渡れた。
渡渉後すぐ登る。しばらく沢の左岸に沿って斜面の中腹を歩くが、酷く崩壊した場所にぶつかり、
そこから林道へ登る。
林道へ登ってくる学生たち。
林道で15分の休憩を撮る
サルナシがたくさんなっていた。完熟していてとても美味いので、皆の分をH君と二人で採る。
昼食後にデザートとして渡す。2個づつ食べたかな?
唐沢林道から鍋嵐方面の山を眺める。
ガマズミだ。まだ、まだ、もう少し霜に当たらなかければ酢っ味と甘味が増さない。
カマツカだ。これも今一つ早かった。でも、旨い。
カマドウマが歩いている。今日は、風がなく日向は温かい。
学生たちは舗装道路で道が判るので早い早い、こちらはペースがガタ落ちだ。
開いているリンドウがあった!
物見隧道の手前の工事用のトラクターが置いてある広場でオニギリとソウセージ1本を食べる。
13:00、昼食後、出発。14時に上煤ヶ谷にショートカットで下りることができる見晴台で待っていた。15時発のバスに30分でバス停に着く。
テン糞とタヌキ糞を拾ってきたので、洗うのが楽しみだ。
今回は1、2年生合同の上にさらに卒業生が参加した。
大勢なので賑やかな山歩きだった。

0 件のコメント: