「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2017年3月31日金曜日

驚いた!カエルだ! I was surprised at a frog in water pot.

  庭には、水を容れている鉢が3個あり、一つは水連鉢で夏にはグッピーを入れてやる。もう一つは知人に貰った鉢であり、それには2月に倉沢から下ってきて桃ノ木林道で見つけたヤマアカガエルの卵を6、7個入れていた。その卵の状態を見ようと近づいたら、2,3日前に孵化したと思われるまだ頭の細いオタマが泳いでいるのが分かった。早速、カメラを持ってきて撮る。さらに水蓮の芽生えの様子を見て、もう一つの小さな鉢を見た。これには、アマゾンフロッグピットが捨てられている。その水が少ないので、金だらいで水を一杯にすると藻がおかしな動きをする。ん?何にかいるのかな?っと思って水遣りを止めて水の濁りが治まるのを待っていたら、何と、カエルが顔を出した。でかいが、ヤマアカガエルだろう。慌てて撮った。
  数年前にやはり山から取ってきて水蓮鉢に入れていたヤマアカガエルの卵が孵ってオタマになり、オタマからカエルになったヤツの一匹が、やはりこの小さな水鉢にいて卵を産んだことがあった。無精卵だったようで孵化しなかったが、まさかそのときのヤツではないだろう(2014年3月31日アップ)。
 鉢の中にはアナカリス(オオカナダモ)が入っているので、それについている苔を食べているようだ。また、早くもボーフラ状の動きをするヤツがいた。オタマの餌となるだろう。
 まだ、孵化したばかりのようで頭が細い。
ヤマアカガエルがいた。

  それにしてもちょっと不思議だ!このヤマアカガエルはこの鉢に水があることをどうやって知るのだろう?自分の目の高さよりも30センチは高い。ピョンピョン跳ねても彼らには見えない筈だ。アマガエルのように木に登れば別だが、、、。


0 件のコメント: