「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2017年3月26日日曜日

エゾジカだ! Ezo sika deers!

  昨日、塘路湖湖畔にあるサルルン展望台にフクジュソウを見に行った時、当たり前のようにシカのフィールドサインがたくさんあった。
  車を置いたところから登っていくと、シカの足跡や歩いた跡が続いている。
一緒に行った連れ合いと妹がシカが下にいると指差す。しかし、木立にはばまれてこのオートのカメラではピントを合わすことができない。二人を残して見晴らしの良いサルルン展望台にいく。塘路湖は氷結し、雪原となっている。釧網線の線路が右上からこちらにカーブしている。足が埋まり、雪が登山靴に入り込む。スッパツの入ったザックを連れ合いに持ってもらったのを悔いる。
300ミリの望遠レンズに付け替えシカを狙う。シカたちは木立に隠れるようにしている。
9頭のメスグループだ。少し、小柄の一頭がこちらを見ている。
親子連れが二組いる。採食しながらゆっくり移動している。樹皮を齧ったり、解けた雪の下からでている枯れたススキを食べているようだ。
この小ジカは母ジカの後ろに従う。母親より前にでることが無いのが興味深い。
フクジュソウもシカにも遭えたので、戻ることにする。南斜面は雪が溶けている。シカの樹皮食いの痕だ!これは何の木なのだろうか?これほど食い尽くすとは!もう、登山靴の中には雪が入り靴下が少し濡れてきている。
途中で待っていてくれた二人と出会い車まで戻り、子供の握りこぶしほどの大きさのフキノトウを摘む。

0 件のコメント: