「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2016年2月10日水曜日

伊勢沢林道を歩く   Walking on the Isezawa forest road.

今朝5時に起きた。山行の準備は昨夜していたので、朝食を食べて出かけるだけで良かったが、
もし、宮ケ瀬周辺の道路がアイスバーン状だったら困るので、7時になってから家を出た。
1月4日に信号待ちの交差点で前の車に追突したので、停車中は前の車との車間距離は1メートルとった。これまでは、自転車が素通りできないくらい前の車に接近していたので、助手席に乗る家族からいつも注意を受けていたのだ。事故後1ヶ月振りの運転だ。
朝の通勤渋滞に巻き込まれたので、緊張の連続だ!

水沢橋の駐車場に着いたのが9:30であった。2時間半も掛かったのは初めてである。
外にでると寒い。手袋を毛糸のものにしてあるく。
日陰には残雪があり、表面は氷結していて滑る。

おー、上の方は雪だ!
 日向の伊勢沢林道はこのようなポカポカ状態で温かい。
 しかし、北斜面には雪がある。30センチくらいはありそうだ。
 次第に、日向でも雪が残る林道となる。登山者?が一人降りてくる。また、一人降りてくる。
登山靴の足跡はまだ続く。
が、林道終点付近で、二人の足跡が戻っている。
終点から沢沿いの雪面を登る。雪が固く締まっている。登山靴で蹴ってステップを作りながら登る。
 登り詰めたところで、テン糞がある。今朝の糞で、今日三個目だ。
雪が氷結して滑るのでアイゼンをつける。うん、正解だ。もっと前に装着していれば良かった。
しかし、時々、ズボッと雪に埋まる。歩きにくいことこの上ない。
汗だくとなり、11:30を回っているので、切り株の雪をどけてそこに座り、もってきたインスタントラーメンを作って食べる。
で、非常食無しなので、戻ることにする。ぼく一人で雪に埋まる沢を歩くのは大変だ。
帰りのぼくの運転の車を専門学校の卒業生で
県のパークレンジャーをしているMatsushima君が見たと連絡してきた。

今日は動物の死体探しが目的だった。
そのために大きなザックと大きなビニール袋を持ったのだ。
まるで、取らぬ狸の皮算用だ!

0 件のコメント: