「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2016年2月21日日曜日

野生動物にとっての餌不足はまだ続く。    The shortage of foods for wildlife still continue.

一昨日19日(金)に日向キャンプ場から見晴し台、北尾根、ネクタイ尾根、唐沢峠、梅の木尾根と歩いたが、見つけることができた食肉目の糞はテン糞2個だけだった。

9:21、登山口から登り始めて間もなく、登山道の階段の横木に上にあった。
これは、新しい糞の一部と思われたが、周りには見当たらなかった。
これはマメガキの2個の種子と果肉果皮であった。
 14:42、唐沢峠・大山の登山道から梅の木尾根に入って間もなく気が付いた。
この糞はマメガキの種子3個と、サルナシのシワシワになった果実1個の果肉つき果皮と種子がが入っていた。さらにキブシの種子が4個見つかった。また、糞表面にも見えるが哺乳類の細く柔らかい毛(2~4センチ)が3本混じっていた。誰の毛なのだろう?

食肉目の動物たちは、春になって、ヤマザクラなどの花が咲くとその花芯を食べて甘い蜜を舐め、さらにキイチゴやヤマグワの実が生るまで林床に落ちているマメガキやキブシ、ケンポナシなどの実を食べ、越冬昆虫や両性爬虫類などの動物たちを食べて命を長らえていかなければならない。鳥や哺乳類などの肉にありつくのは丹沢の食肉目の動物にとっては大変難しい。

0 件のコメント: