「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2016年2月8日月曜日

シカの寛骨から  From the hipbone of Sika deer.

この一週間、ほぼ毎日、骨盤や寛骨を取り出して見ていた。

骨盤pelvisは寛骨coxaeと仙骨sacrumからなり、寛骨は腸骨iliumと恥骨pubis、座骨ischiiの三つの骨からなる。
恐竜は一生、腸骨・恥骨・座骨が癒合しない。
大腿骨が納まる寛骨臼の部分で三つの骨が分かれている(Fig.1)。 
Fig.1 国立科学博物館の竜盤目の腸骨ilium・座骨ischii・恥骨pubis 

哺乳類の幼少期は、この三つの骨は恐竜のようにバラバラである(Fig.2)、
下はニホンザルのものであるが、恥骨と座骨は胎児期にすでに座骨枝(下の写真では座骨から上が伸びて恥骨とつながっている部分)ができて癒合している可能性が高い。
Fig.2 ニホンザル1歳(生不明)の骨盤:恥骨・座骨・腸骨、仙骨と腸骨をボンドでつける。

しかし、年齢と共に寛骨臼の部分で三つの骨が癒合していく(Fig.3)。
下のシカの寛骨でも腸骨は恥骨や座骨と癒合合体途中であるが、恥骨と座骨は座骨枝ですでに合体している。
Fig.3 若齢ニホンジカの寛骨:上は大腿骨臼側から、下は裏返したもの。

下はシカの寛骨を下から見たものである。
腸骨のある上方が頭部側にあたり、座骨のある下方が尻側にあたる。
左右の寛骨が恥骨結合と座骨結合でしっかり癒合している。
Fig.4 シカの寛骨の名称 腹側から

座骨の方がまだ癒合が完全ではない。
 
Fig.5 シカの寛骨を背側から

この左右の寛骨と仙骨に囲まれた空間から新生児が生まれてくるのだ。
Fig.6 シカの寛骨を後部から

Fig.4~6からも判るように、左右の恥骨ばかりでなく座骨部分も結合している。
これは、イヌやタヌキなどの食肉目の動物たちも同じである。

若齢の時は恥骨結合が見られ、次第に座骨も結合していく。
しかし、トガリネズミ目のモグラ、ヒミズ、ジネズミたちは座骨どころか恥骨も左右は結合しそうもない(Fig.7)。
Fig.7 ヒミズの骨盤

左右の寛骨が恥骨や座骨で性成熟を過ぎた個体で癒合合体しているのは、手持ちの標本でシカの他に、カモシカ、イヌ、ネコ、タヌキ、アナグマなどの偶蹄類や食肉目があり、
恥骨だけで癒合合体するのが、アメリカモモンガやリスなどの齧歯目やノウサギなどの兎形目である(Fig.8)。

Fig.8 アメリカモモンガの骨盤 上:腹側から、下:背側から

で、サルの場合は、手持ちのものではどれもしっかりした恥骨結合が見られないのだ。
だから、左右の寛骨はバラバラである。

ヒミズで見られる仙骨と寛骨の結合や、恥骨結合や座骨結合が見られるシカ、イヌなどや恥骨結合だけのモモンガやリス、ノウサギ、さらには骨にするとバラケテしまうサルなど、これらの理由は今のぼくには全く解らない。
早成性か晩成性か、一腹一頭か複数頭か、生涯出産回数や移動の仕方、大腿骨の動き方など骨盤の形態に及ぼす影響の有無はこれからの課題だ。

まだまだ、骨格標本を集めなければならない。これからは糞採集とともに骨収集かな!
左足の大腿部の筋肉痛というか筋肉が断裂したようなおかしな感じもようやく治癒したようだ。
明日は学校なので、明後日にでも山に行こう。

0 件のコメント: