「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2014年5月14日水曜日

タヌキ糞とアナグマ糞の内容物 The scats' contents of racoondog and badger..

丹沢実習の続き:タヌキ糞とアナグマ糞の内容物についてです。
11:52、①
キブシ種子多数、甲虫外羽1外骨格肢、環形動物外皮、羽毛5ミリ
12:40、②
ムカデ胴部最大7ミリ長さ4センチ、脚、外骨格、腐葉土
13:00、③
羽毛6本、単子葉6本4-6cm、土壌動物外骨格、ムカデ脚2本
13:28、④
土砂、腐葉の細切れ、土壌動物の外骨格脚少し

13:32、アナグマ糞
ハチ腹部羽根3、ムカデ幅4ミリ長さ6センチ、幅2ミリ、長さ1センチ、腐葉土
4個のタヌキ糞や1個のアナグマ糞は彼らの冬の糞とどこが違うのか、
それは、冬季はまだ地面を漁ればキブシ、マメガキ、ケンポナしなどの秋の果実の種子が糞中に混じっていた。しかし、今回はキブシがタヌキ糞①に混じっていただけで、他は
殆んどが腐葉土にいる土壌動物を漁ったものだ。
また、羽毛が糞①と糞③から出てきたが、これは巣内にいる鳥のヒナを食べたものと考える。
親鳥のように機敏に動き飛び回るものをタヌキが捕まえられないだろう。
巣内にいてまだ親からの給餌が必要なヒナが餌食にあったと思うが如何だろうか?
しかも、夜間に狙ったのではないだろうか?

しかし、アナグマもタヌキの食事内容は貧弱なものだ。
枯葉が落ちて溜まっているところがあれば、そこを臭いを嗅いで何かいたら枯葉事、土砂ごと胃の中に放り込んでいるんだ。アナグマは大半が土である。植物が根か腐葉土の栄養分を吸い取るようにアナグマは腐葉土そのものからも栄養を摂取している可能性もある。
アナグマやタヌキにとって、丹沢のように林床の草本が無くなった地域での生活は
節足動物も少なくなっているだろうから、厳しい生活を強いられているのだろう。

3 件のコメント:

bluetittit さんのコメント...

アナグマやタヌキが枯葉ごと土を食べているとは思いもよりませんでした。野生動物にとって餌さがしは本当に大変なんだと思います。

鳥の巣図鑑(小海途銀次郎コレクション)をパラ見していたとき、樹林性なのに地上に営巣する鳥が結構多くて驚いたことがあります。タヌキが食べているのはそういう鳥たちのヒナなのかもしれませんね。タヌキは木にも登るそうですが、あまりうまくないと聞きました。アナグマはもっとヘタそう…

bluetittit さんのコメント...

連投すみません。
「哺乳類のかたち(種を識別する掟と鍵)」という本が届きました。

専門的なことはわかりませんが、アカネズミとヒメネズミの歯根数について書いてありました。上顎臼歯だと、ヒメネズミのM1の歯根は4つ、アカネズミは3つだそうです。綺麗なイラストで説明してあります。ネズミの歯槽については、「ネズミの分類学」より詳しいようです。コウモリ頭骨の詳細なイラストもあり、今、楽しんでいます。

fukuda, fumio さんのコメント...

bluetittitさん
コメントありがとう!
タヌキ糞でも糞塊一つを水洗いすると3分の2は大半がは0.5ミリメッシュの茶漉しから流れ落ちる土砂で、洗った洗面器の底に溜まります。
鳥の巣、ぼくも子供の頃、アオジやカヤクグリ(子供の頃そう呼んでいただけ、釧路湿原の灌木があるところで)の巣が地上から3,40センチしか離れていなかったこともあります。

「哺乳類のかたち」という本、興味あります。歯根数がヒメとアカでは違うことが書いてあるんですか。この本調べてみます。

実は、テン糞の中に、齧歯目ではない哺乳類の歯と骨が見つかって困っているところです。