「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2014年1月4日土曜日

不思議なハムスターの頭骨上部 The mysterious the top of a skull of golden hamster.

二日に12月に専門学校で解剖したハムスターの骨をアップした。
このゴールデンンハムスターMesocricetus auratusの頭骨(上面)を見て、不思議に思った。
それは、左右の前頭骨や左右の頭頂骨が縫合する正中線の部分が凹んでいるからだ。
このような凹みは他のネズミ類の頭骨ばかりでなく、ぼくの持っている他のどんな動物たち頭骨の上面もこのような凹みがない。
ゴールデンハムスターの頭骨は一個しかもっていないので、
独協大医学部の「哺乳類頭骨データーベース」の齧歯目のクロハラハムスターCricetus cricetusを見た。
同じように、ハムスターの仲間は頭頂部が凹んでいる。
これは、どうしてなのだろうか?
このような段差ができるのは、筋肉の端がしっかり頭骨にへばり付く為になっているのだと思う。
しかし、他の頭骨においてはこの部分は凹むのではなく凸っており矢状隆起となっているのだ。
「データーベース」をさらに見ると、コタケネズミCannomys badius
が同じように凹んでいる。
おそらくこの凹んだところに左右の咬筋がへばり付いているんだろうが、
どうして凸ってないのだろう?
 


0 件のコメント: