「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2014年1月19日日曜日

遭難?声はどこから?   The distress?  Where from is the voice?

昨日、専門学校の丹沢実習があった。
伊勢原から日向薬師行きのバスに乗って、終点で下りた。
日向薬師の駐車場のところから梅ノ木尾根を歩いた。
 
11:45、このピーク日向薬師の駐車場で買ったミカンを皆で1個食べる。
美味い!ミカンを食べて一休みしたので、大山を仰ぎ見る。
ここは大沢分岐だ!
学生たちは元気だ。こちらは早くも腿が上がりづらい。乳酸が溜まっている。
大沢分岐から10も歩くと778mピークに辿り着く。
学生たちは遅いぼくが来るのを待ち受けてはハンミョウのように飛ぶように先に行く。
ぼくは、糞の写真を撮ったりしていた、もう彼らは先に行きますっと行ってしまった。
若者の元気には勝てない。
大山山頂のアンテナ群を撮る。 
778mピークにある、案内である。正面に大山山頂が見える。
12:05県の森林涵養林の杭。それにも大山への案内が!
この正面を下る。 
12:33、テン糞だ!新しい。もちろんゲット。
学生たちの後姿も見えず。
上からホーホーと声が聞こえる。学生からだ。
ぼくもホーホーと声を張り上げる。何度も声が聞こえる。
ぼくは彼らが大山への登山道に出てぼくを待っているのだと思う。
上から一人の中年女性の登山者が下りてくる。
登って行く4、5人の学生と女性に会いましたか?と聞くとこの道を上がってくる登山者には会っていないと云う。
声が聞こえる。今度は下からだ。彼女はずーと下から声がしますねと云う。
え?ぼくは今初めて下から声が聞こえたのだ。それまで上から声が聞こえていたのだ。
下へ、下りることにする。登山道はすぐそこだ!
しばらくすると、下から登ってくる学生たちの姿が見える。
良かったですネと、学生さんたちですね!と云う。
この安堵感、もう力が抜けた感じだ。
13:12、日当たりの場所でお昼にする。
休むと寒い!
この遭難騒ぎについては、まだ、あとでこの場でアップしなおします。
これから専門学校で高校生向けのチャレンジキャンパスだ。
 

0 件のコメント: