「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2014年1月30日木曜日

脛骨と合体癒合した腓骨  The Fibula that is coapted the Tibia.

日本に生息しているトガリネズミ目、齧歯目、兎形目の動物の後足の骨の脛骨と腓骨は、
足首の方で癒合合体している。
ノウサギ
腓骨は薄ペラな板状だ。
ハタネズミ
腓骨の根元で折れて消失してしまった。
ゴールデンハムスター
腓骨と脛骨で三日月型の空洞を作っている。
この空洞を「下腿骨間隙」と名付けられている。
アズマモグラ
腓骨が脛骨の中ほどまで癒合している。
トガリネズミ 
アズマモグラのように腓骨が脛骨の中ほどか出ているようだ。
 ヒミズ
ヒミズでは腓骨がさらに上から出ており、「下腿骨間隙」が上部で開いている。
ジネズミ
ジネズミの腓骨は脛骨の3/4くらい上部から出ている。
このように腓骨が脛骨が完全に合体・癒合してしまって、脛骨だけの様相となっているのが、
シカやカモシカだ。
シカやカモシカに腓骨が脛骨と合体している(無い?)ことを知らなかったので、以前はシカの骨拾いをしたとき、
腓骨を拾い忘れてきたとばかり思っていた。
偶蹄類でもイノシシにはしっかりした腓骨がある。
尚、ウマの腓骨も脛骨と癒合し、途中から細い腓骨が出ている。
 
腓骨が脛骨と癒合してしまうのはどのような要因があるのだろうか?
シカや、ネズミ、モグラと共通した後足の使い方があるのだろうか?
もう、何年も答えが出ない。
きっと、獣医学では牛やウサギなどを解剖しているから答えが出ているのかな?
どなたか教えて下さい。
 
さて、今日は雨模様となる予報だが,山神隧道へ行ってみよう。

2 件のコメント:

fukuda, fumio さんのコメント...

わかった!
シカやカモシカ、あるいはウサギの脛骨と腓骨のイメージが強かったために、早く走るためのに腓骨が必要なくなったと考えていた。
これが大間違いであることが判った。

四足の動物は、下肢では大腿骨・脛骨と腓骨があり、上肢では上腕骨・橈骨と尺骨がある。

この下肢と上肢の動かし方を、その動物の生活・行動を知れば判る。
解かった!

fukuda, fumio さんのコメント...

あー、先のものにトラワレナイで考えることの難しさを痛感。

彼女は凄い!