「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、身体、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2017年12月25日月曜日

飛行機雲 The contrail

午後3時過ぎに散歩に出た。その帰り、踏切で新宿からきた小田急線が藤沢・江の島に行くを待っていた。空を見上げたら東から西に走る飛行機雲が夕日に染まって光っていた。
 その先、さらに西の方に飛行機雲を作りながらジェット機が2機並んで飛んでいた。電車が行き過ぎて踏切が上がっても、しばらく消えていく飛行機雲を眺めていた。飛行機雲は、なんとなく、寂しい思いがするから不思議だ!
散歩はGPS上で6.8キロで1時間45分かかった。ぼくは、頑張って歩幅を広げ、早歩きしているつもりだが、ぼくより明かに歳上と思われる男性に二人に追い抜かれた。彼らはとても早く、ぼくから見ると競歩でもしているように思えた。
自宅から境川の遊水池の周りの道を歩いたルート。これで6.8キロだ。

このところ、赤ちゃんを抱っこした若い母親にも追い抜かれる。ぼくを追い越した人たちの歩き方を気を付けて見ていると、彼らは右足・左足と左右の足を交互に出すスピードがぼくよりもはるかに速い。歩幅はそんな違いがないのだが、歩くピッチが早いのだ。彼らのピッチに合わせて後ろを追いかけてみたが、すぐこちらの息が上がってしまうというかとても着いて行けない。
これだも、山歩きで、多くのハイカーや登山者に追い抜かれてしまうのも無理ない。一人歩きの時は、自分のペースで歩けるので息も上がらず、腿も上がるが、学生と歩くと彼らにとても着いて行けない。ピッチが早い。これが老化なのだろう。老化に諍っても無理だ!

0 件のコメント: