「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2017年7月30日日曜日

ハクビシンを退治したい! We want to finish off the palm civets!

一昨日のお昼前に、いつも野菜をくれるNさんから電話があった。今、畑にきているが、ハクビシンの糞があるので見に来てくれないか?というものだった。もちろん、ぼくはすぐ行こうと思い、短パンに履き替え、ザックにカメラと糞採集用のビニールの小袋を入れた。歩いてなら30分前後なのだ。でも、行ったら何か手伝いをしなければならないと思い。長ズボンに履き替え、麦わら帽を被り、スポーツ飲料と冷たいお茶を持ち、登山靴を履き、車で向かった。早戸川流域を歩いた先日の曇り空とはうって変わって熱いくらいの陽射しだ。下飯田の畑に着き、畑の中を案内してもらう。畑の中はむせ返るような暑さだ!こんな暑さの中を大病をしたNさんは野菜作りに励んでいるんだ。

イチゴの畝の網の上に糞をしている。どうして、このような場所に糞をするのか?ハクビシンは様々な場所に糞をするが、このような足元が揺れるような網の上では珍しい。自分のナワバリ宣言の意味を込めた「匂い付け」なのだろう。さらに、そのすぐ横の地面にはたくさんの糞塊だ!「溜め糞」をしているのだ。
網の上の糞
イネ科の葉の塊、不明植物質、甲虫の外翅(コガネムシ、他)・内翅・肢・外骨格多数

溜め糞
トウモロコシの種皮・胚珠・毛、ナスの種子・果皮、甲虫肢・外骨格・外翅・内翅

トウモロコシが野荒しに遭った状態を見せてもらう。網を掛けているが、始めの4,5日は警戒して入らなかったが、1週間くらいすると網を破って入るようだ。ヒヨドリがこの網にかかって死んでいたようだ。日中はヒヨドリも狙っているんだ。
トウモロコシを食べ荒らす1

トウモロコシを食べ荒らす2

 トウモロコシ畑から運んできて食べた残りカスが、4、5本散らばっていた。全て、綺麗に食べている。サルの食べ方とは違う。Nさんは子供に食べさせたのではないかと云う。成る程、畑からトウモロコシを取って運んでここで子供に与えているか!
トウモロコシを運んで食べる

なんと、ハクビシンの獣道が綺麗についている。まるで、サル道だ!つまり、一頭だけでなく数頭が歩くからこのような踏み分け道が作られるのだ。
ハクビシン道が畑の中に付いている
Nさんとハクビシン退治の話しをしたが、電気柵は大袈裟過ぎるし、トラップを掛けるのはちょっと可哀想だ。半径50メートルの範囲に民家もあるので、音や光も出るものもダメだ。何か良い撃退法がないものかな?
トウモロコシとエダマメを貰って帰る。生でも食べられる甘いトウモロコシだ!ハクビシンが狙う訳だ。エダマメとトウモロコシとトマトでお昼とした。
畑の横の家の裏はハクビシンの巣になりそうな場所があった。獣道もそちらの方に向かっている。住人もハクビシンを見たことがあると云ってるようだ。巣がある限り、イチゴ、トウモロコシ、モモ、キューイフルーツは食べられ続けるだろう。
畑の横の家

持ってきた糞を洗って内容物を確かめた。網の上にあった糞は、多くがイネ科植物の葉と昆虫の外骨格の破片であった。溜め糞の上の部分を拾ってきたが、これがトウモロコシを食べた糞であった。さらに、ナスも食べていることが分った。
ネットで調べると、ハクビシン忌避剤としてマットも売られているようだが、、、効能はどの程度のものかな?

0 件のコメント: