「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2017年2月13日月曜日

自然観察会1) Nature observation

昨日、「丹沢サル観察し隊」の自然観察会が行われた。
朝、8時15分発の伊勢原駅前発日向薬師行のバスに乗り終点までいき、
日向薬師の駐車場のところまで舗装道路を歩く。
この辺りはサルが野荒しをするので、サルが畑に入れないように電気柵が設置されている。
8:45、おー、早くもテン糞①が道路際にあった。
9:07、日向薬師の駐車場の所だ!
農協いせはらで、有害鳥獣の駆除が行っている。しかし、期間が明示されていない。
ここの駐車場に車を置いて登山する人たちもいた。
我々はここでスパッツを両足につける。
9:20、テン糞だ②
9:24、テン糞③
単独行に道を譲る。
9:26、これは、誰の糞だ!
植物繊維質の塊のようだ。鼻を近づけて臭いを嗅ぐ。
ぼくにとってはサル糞独特の懐かしい臭いだ。サル糞の臭いは、チンパンジーもキイロヒヒもキンシコウも同じ臭いだ!
 この時季のサル糞は2、3個のオニギリを固めたような、俵型になるのだが、そうではないのは、この個体は腹がちょっと緩くなっていたようだ。
いよいよ、梅ノ木尾根を登り始める。
9:43、イノシシ糞だ!棕櫚の樹皮を紐にして糞が数珠状に連なっている。
4枚も同じ写真を撮っているのにどれもピンボケだ!
もう、この辺りから日陰では積雪がある。
9:55、テン糞④
 10:05、タヌキの溜め糞だ!
上から女子3名男子2名の元気な中高年のパーティが降りてきた。
鐘ヶ嶽から大沢分岐を回ってきたようだ。
10:20、アナグマ糞かな?
鳥の専門家のMさんから、小鳥の鳴き声をいろいろ教わる。
ヒガラ、エナガ、シジュカラ、ヤマガラなどのカラ類が混群を形成して飛び回る。
一方、ヒガラが早くも囀りの声を上げている。
ぼくの補聴器はビンビンと響くように小鳥たちの声が聞こえる。
高い周波数の音に合わせてもらったので、Mさん以上にぼくの方が小鳥たちの声が聞こえているようだ。これからの季節の山歩きが楽しみだ!
10:51、可愛いリスの足跡だ!
10:54、アナグマの足跡だ!たくさん歩き回っている。
10:55、これはテンの足跡だ!
10:57、またまたテン糞⑤だ!
10:58、アナグマの綺麗な足跡だ!
11:03、また、リスの足跡だ!この尾根はリスが食べたと思われる松ぼっくりの松傘がたくさん落ちている。が、エビフライを見つけられなかった。
11:21、大山山頂が見える。
今日の大山はきっとたくさんの登山者で賑わっていることだろう。
もう、この頃は全員アイゼンを装着して歩いている。
11:23、テン糞⑥だ!
11:49、大沢分岐に到着だ!
風がほとんど無いので、寒くはない。
後ろからきた若者に追いつかれ、一緒に集合写真。
若者は飛び跳ねるように登っていく。こちらは腿を一足上げるだけでヨイショ!と声が出そうになる。
小型カメラなので、チビの特殊三脚を立ち木に括り付けて撮る。

12時になったので、陽が当たる登り路の斜面でお昼とした。
登る前に予定していたお昼の場所は唐沢峠であったので、食べながらこの先のコースを地図を見ながら考える。
若いHさんは、ガスストーブをつけ熱々のインスタントラーメンを旨そうに食べる。
ぼくは、自分で握ってきたオニギリを食べ、喉が詰まる。サーモスの熱いウーロン茶で喉と潤す。風が無いのが何よりだ。
残りは、次回にアップ!

0 件のコメント: