「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、身体、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2018年6月30日土曜日

テンは動物質を食べ、アナグマは腐葉層を漁った。 The marten ate animal materials and the badger ate litter and/or leaf mold.

今回の山歩きでは、もっともっとテン糞、アナグマ糞、タヌキ糞を見つけられると思っていたが、思いの外ダメだった。

図1.テン糞1
内容物は、大型昆虫外翅・胸部外骨格・肢

図2.テン糞2
大型鳥足骨爪外皮・骨片、ヤマザクラ種子1個

図3.テン糞2から出た赤線で囲んだ鳥足骨爪と標本のホオジロの足
ホオジロの足爪と比較するとかなり大きな鳥だ!
肢の鱗がついた外皮もたくさん出てきたが、羽毛が全くみつからないのがちょっと気になる。
このような大きな足の爪をもつ鳥は?どなたか判りますか?

図4.アナグマ糞1
砂泥、腐葉砕片、節足動物外骨格・外翅・内翅砕片

図5.アナグマ糞2
砂泥、腐葉砕片、節足動物外皮・外翅・肢

テン糞は稜線上でもたくさん見つかると思っていたのだが、一つもみつからなかった。これはどうしてだろうか?
アナグマ糞から出てきた物はいつもの砂泥が大半と腐葉の砕片と土壌動物たち外皮や肢だった。つまり、落下した果実を食べた痕跡がない。稜線では、ヤマボウシが満開であり、クマノミズキやイワガラミ、イボタノキの白い花が咲いていた。稜線付近ではヤマグワやキイチゴ属、サクラ属の仲間も少ないので、アナグマは腐葉層を漁って食べ物を探すしかないのだろう。
しかし、テンにとっては、この時季はちょっと高度を下げればまだまだヤマグワやニガイチゴは実をつけているし、サクラ属の仲間の実を食べることができる。
アナグマは季節に関わらず行動域を変えることがないが、テンは季節に応じて変えるのではないかと云える。
でも、この考えは妥当だろうか?
下に糞を見つけたルート上の位置を示す。
図6.6月28日のルートを見つけた糞の位置
テン糞1・2は黒〇、アナグマ糞1・2は赤①・②

0 件のコメント: