「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、身体、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2018年1月25日木曜日

GPSのルートとカメラ  The root of GPS & Camera

今朝は我家の庭の睡蓮鉢に初氷が張った。今冬一番の寒さだ!
昨日拾ってきたタヌキ糞やテン糞を庭の水道栓でとても洗う気になれない。昼過ぎには温かくなるだろう。先日の雪やこの寒さでも開花している梅の花が増えている。
梅の開花を促すのは、気温ではなくて日照時間の長さかな?

昨日、広沢寺温泉の駐車場から浅間神社の入り口から参道を通って、神社まで行き、
さらに、鐘ヶ嶽に登り、再び、駐車場まで戻った。
そのルートを、GPS Trip Recorder 747ProのPhto TagerのGoogle mapで表示されたものが下の航空写真である。カメラのマークはぼくが写真を撮った地点である。
上の軌跡をカシミール3Dを用いて国土地理院の電子国土に落としたものが下の地図である。写真を撮った地点はウェイポイントの赤い頭で示されている。

GPSを持って歩くようになってから、迷うことを恐れなくなった。帰宅してパソコンとGPSをつなぎ、軌跡を見る事で迷った場所を特定することができるからだ。
GPSを持ち歩いて、注意していることは、1)出発地点に着いたら、すぐGPSをONにする。2)戻ったらすぐOFFにする。3)カメラの時刻を1ヶ月に1度パソコンに合わせる。

GPSを持って歩いていると、写真を撮った場所が特定できるのは非常にありがたい。

0 件のコメント: