「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2016年5月9日月曜日

ノウサギの第7頚椎には横突孔がある。  There is foramen transversarium of the 7th cervical vertebra of hare.

凄く混乱している。
ぼくは、哺乳類の頚椎の特徴は横突孔の有無だと思っていた。
だから、HPの自然・動植物→哺乳類の頭骨と骨→三つの脊椎(椎骨)の特徴
http://members2.jcom.home.ne.jp/fumio.fukuda/boneOK.html
の中で、イノシシの脊椎を用いながら、頚椎と胸椎、腰椎の違いは
頚椎だけが横突孔があると述べている。

しかし、タヌキやリスの第7頚椎には横突孔が見当たらない。で、サルを見たところ、サルには無い個体とあっても不完全な個体がいた。ヒトでは第7頚椎には横突孔があるようだ。

で、ノウサギ(Fig.1参照)を見たら、第7頚椎にも横突孔がある。
Fig.1 ノウサギの後方から見た第6頚椎と第7頚椎

第7頚椎にしっかり左右の横突孔がある。
Fig.2 ノウサギの前方からの第7頚椎の横突孔

第7頚椎にタヌキ、リスでは横突孔がないが、イノシシ、ノウサギ、ヒトではあり、ニホンザルではあったり、なかったりだ。また、ノウサギとウサギの頭骨が異なるので、頸椎も異なるのだろうか?他もさらに調べてみよう。

尚、このノウサギは2002年6月15日の丹沢実習で伊勢沢林道を歩いて死体を見つけ、その場で解剖した個体だ。このノウサギの胃は捻転して丸くなっており(下の写真、K.Yさんの写真より)、食べた草が胃の中にたくさん詰まっていた。このノウサギは相当苦しんだことだろう。

0 件のコメント: