「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、身体、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2018年3月7日水曜日

仏果山のテン糞の内容物  The contents of Marten's feces in Mt.Bukka

歓送登山の3日は、ハイカーが多く、高取山でも仏果山でも多くの人たちがお昼を食べていいた。人が多かったせいで、動物糞は踏みつぶされたようで、2個のテン糞を拾っただけであった。。2個とも仏果山山頂付近(下図)であった。
これらは、人が足を下ろせない場所で見つかった。
同じくらいの太さの糞で距離も近いので同じ個体の糞かな?
テン糞①と②を見つけた場所
12:29 テン糞①
サルナシ種子4個、植物質砕片、ムカデ4センチ、砂泥

12:39 テン糞②
キブシ種子3個、サルナシ種子1個、カマドウマ脚産卵管、ヒミズ亜科毛骨片爪、砂泥

今回、見つけた糞にはほんの数個のサルナシの種子やキブシの種子が見つかり、砂泥も混じっていた。枯れ葉が積もっているような場所でアナグマのように果実を探したと思われる。それとも、ムカデやカマドウマを探しながら果実も見つけたということかもしれない。テン糞②にはの小哺乳類の毛玉や椎骨や骨片、爪が含まれていた。非常に小さい腰椎や胸椎、爪でヒミズ亜科とした。

もう、3月に入った。3日に高取山・仏果山を歩いた時には、まだ北斜面に残雪があった。その雪も昨日の雨で融けたであろう。今日からまた寒くなるが、温かい日と寒い日が繰り返されて春になっていく。

0 件のコメント: