「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2014年6月4日水曜日

湯河原にキョンが?  Reeves's muntjac in Yugawara area?

一昨日の野生生物探検隊の歩きで、
皆さんが見たことがない不思議な物を見つけた。
果実が干からびた?
が、まわりにたくさんある。
固いので、ぼくは齧って割った。糞だ!全部植物繊維からできている。
草食動物のフンだ。でもノウサギではない。
シカやカモシカの子供のものかな?
でもぼくは房総高宕山周辺でキョンの糞を見ているので、キョンだと思うと言ったが、
キョンは湯河原にいる筈がないとなった。
そうなると、子供のシカかカモシカがいることになる。
昨日、夕方葛西の専門学校から帰宅するとやまぼうしさんからメールが2通来ていた。
一つはカエルを拾ったとのこと、もう一通はあの糞がキョンだと誰かが言っていたので、
キョンのフンを調べてみたらそっくりだと、その糞の画像がでているサイトのアドレスを
教えてくれた。
でも、やまぼうしさんは「そんなことないですよね・・・・」と疑問を持っている。

動物たちは分散するときは、野を越え、山を越え谷を越えて遠くに分散していく。
福井の若狭湾や瀬戸内海では漁師の人たちが海を泳いでいるシカを捕獲することがある。
房総半島ではキョンの個体数が増えて、キョンによる農作物被害が出ている。
鴨川あたりの若いキョンが海に出て、流されて湯河原の海岸に辿り着いたとしても
何ら不思議な事ではない。シカの仲間の遠泳する能力は非常に高いものがある。
今では丹沢に、アライグマ、ハクビシン、タイワンリスが生息している。そのうち、キョンも、、、、。

0 件のコメント: