「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、身体、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2010年3月8日月曜日

雨の仏果山・高取山(続):動物のフィールドサイン

 これはリスの巣だろうか?
タヌキのタメ糞
糞の中のキブシの種子が分かる。
右下にキブシの種子のテン糞、一回り大きいハクビシンの糞?
ハクビシンの糞?を持ち帰り水洗いしたら、残ったのはキブシの種子であった。
一見すると大きなオスザルの糞だが、違う。
イノシシの糞だろう。まだ、水洗いしていない。
雨の中を歩く
この時季のテン、イタチ、タヌキらの食肉目の動物たちはキブシの果実で命をつないでいる。

2 件のコメント:

take隊員 さんのコメント...

やまぼうしさんのところでは塊が大きくばらけているようで、巣ではないようにも思えたのですが、あらためて隊長の写真でみたら、何者かの巣ですね。

枝が込み入った場所なので鳥の巣ではまずなさそう。

だとするとリス、もしくはムササビのもの、ってことになりますが、リスにしたらやはり大きい。

晴れた日にもう一度見るしかなさそうですね。

キブシの小さいツブツブ、みえません。
でもみんなこれを食べていたのですね。

イノシシの糞、不思議な色をしています。
何を食べたのだろう?

fukuda, fumio さんのコメント...

take隊員へ
 これから、ゲットしてきたイノシシ糞とクマ糞を水洗いしてみます。
 イノシシ糞はほうとんど土の塊のようです。
いずれにしても何かでてきたらアップしますね。

 もし、リスの巣だとしたらあの場所辺りで、エビフライやクルミの食痕があるわけですね。