「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2017年5月22日月曜日

Tibia and metatarsal of Reeve's muntajac.

このところ家に居る時は、ロッカーの段ボール箱やブリキ板の菓子箱に入っている骨を眺めたり、泥で汚れているのは洗ったりしている。今日は医学部で解剖学を教えていた友人からもらったニホンザルの骨が茶色っぽく脂がたっぷりで臭うので、頭骨以外の骨を金盥で2時間くらい茹でた。しかし、脱脂できていない。まだまだ茶色っぽくギトギトベトベトしている。ガスボンベを1本使い切ったので、近くの100円ショップでガスボンベを買いに行ってこよう。
段ボール箱や錆びた菓子箱も捨て、できるだけ手に取って見やすいように、頭骨のようにすぐ見られるようにタヌキの骨、キツネの骨、サルの骨、ネコの骨、アナグマの骨と並べよう。肩甲骨、上腕骨・橈骨・尺骨、寛骨、座骨、大腿骨・脛骨・腓骨と骨の部位ごとに整理しようかなとも考えている。
なんせ、ぼくが持っている骨は、山で、肩甲骨と上腕骨だけを拾ったものだとか、何度も車で轢かれた動物の骨だとかで、一頭丸々揃っているのはほんの数えるくらいしかないのだ。
っと、シカかウシの仲間の脛骨と中足骨、距骨や踵骨などの足根骨がビニール袋に入っているのが見つかった。全顎骨まである。中にある汚れた紙には中国百皇廟と鉛筆で書いてある。キンシコウの調査で拾ったものだ。この骨は洗面所で歯ブラシで洗い、乾かした(Fig.1)。全顎骨を百皇廟村の楊さんのイヌが食べていたキョンの頭骨と比べた。全く同じ大きさだ。キョンMuntiacus reevesiのものだ。誰の骨か解って嬉しい!
Fig.1 前からみたキョンの脛骨と中足骨

Fig.2 後ろからみたキョンの脛骨と中足骨
大腿骨では、シカとカモシカを区別できるが、シカとカモシカの脛骨だけでは非常に難しい。自分では判っても他人にまだ説明できない。しかし、このキョンの中足骨を見て、中足骨からはシカとカモシカを区別できるかな!っと思っている。

0 件のコメント: