「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2015年7月3日金曜日

こんなに大きくなった!  Have grown up, such as they are!

スズムシが孵化し始めたことを、5月9日にアップした。
その時は2、3ミリのか弱い虫だったが、今では下の写真のようだ。
成長の個体差が激しく、左のメスは大きい方だが、右下のオスは小さな個体だ。
そう、このところ雌雄の区別ができるようになってきた。
メスは産卵管が伸び始めているので、メスだと分かる。
全体的を見ると、雌雄の偏りがある。
オスとメスどちらが多いか判りますか?
そう、圧倒的にメスの個体数が多い。
メス:オス=2or3:1
のように思える。一度正確に性別をチェックしたいが、大変だ。きっとすでにスズムシの飼育者は報告しているだろう。
友人二人と専門学校の教え子二人にもらってもらった。
上のように折り畳んだ段ボールか草を飼育箱に容れて、それに着いている個体を分けたのだ。
二つのケースに分けたが、それでも100匹はいるだろう。
100匹いるとすると、オスは30匹くらいということか。
雌雄別々にして数えてみたくなった。
餌は市販の鳴く虫の餌とズッキーニと鰹節だ。

0 件のコメント: