「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、身体、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2017年11月2日木曜日

高取山・仏果山の1日  The one day of the climbing Mt.Takatori and Mt.Bukka.

今日も快晴だが、昨日も久しぶりに終日晴れ渡っていてしかも温かかった。このところ、丹沢に行きたい行きたいとは思うのだが、どこに行こうか迷っている。一番行きたいのは土山峠からの宮ケ瀬尾根や鍋嵐方面の歩きなのだが、車を置く場所が無い。もっとも近くの場所でも大棚沢の駐車場だ。昨日も、初めは鍋嵐方面に行こうと思っていたが、車から出て歩き出して舗装道路に出て音を立てて走る車を見たら、もう土山峠まで歩く気持ちが萎えてしまった。バス停の時刻表を見ても1時間近くしないとバスは来ない。
仏果山も今年は登っていないかな?っと思ったので仏果山に上ることにした。これで、サルに出逢ったのだから、土山峠までの歩きに日和ったのが幸いしたのだ。
7:24 仏果山登山口の3メートルほどのコンクリートの階段を登ったところにある道標
登り初めてからは、もう、12時前に車に戻れるかな?っと思いながら歩き、汗がじわっと額や首筋に出てきたので、もう、気持ち良く登ることができた。
8:16 コウヤボウキが咲いていた
花が終わったコウヤボウキがあって、コウヤボウキの花の季節は終わったのか、でも上に行けば咲いているかもしれないとい思っていたので、この花を見つけた時は嬉しかった。
8:33 テン糞だ!
8:35 朝日を受けているコウヤボウキの花
テン糞を拾ってからは、首に巻いていたハンカチを取り、登りの杉林の中で陽射しの中に咲いているコウヤボウキの花を見つけて嬉しくなってしまった。
8:46 宮ケ瀬越だ!
8:49 花が終わったカシワバハグマ
8:50 テン糞だ!もちろん喜んでゲットする。アケビの種子だ!
8:53 ン?アナグマが何か爪を立てて探したか?
8:54 おー、またまたテン糞だ!
9:09 高取山展望台から正面の大山を望む 
丹沢山・蛭ヶ岳方面を望む 
甲斐駒ヶ岳がぼんやりと見えた
これから行く仏果山山頂
高取山山頂近くで単独行の男性に会う。クマ避け鈴を派手に鳴らしながら歩いている。高取山山頂のテーブルの上に彼のものと思われる軍手が一揃い置かれていた。仏果山に行く途中や土山峠への道でもそれらしきそ足跡が無かったので、彼は宮ケ瀬越から仏果山登山口に下りたと思える。
9:32 イノシシの掘り起こしの痕だ!足跡が残っている。
9:44 ン?ハクビシン糞だ!サルナシの果皮が見えている。
10:12 テン糞だ!ん?何を食べた?
18:17 仏果山山頂に着く。山頂にあるテーブルの上に寒さで動きが鈍くなったナナフシがいた。このテーブルに座って、オニギリを食べているとサルの木揺すりを伴った示威行動のガッカガッカガッカ!という音声が鳴り響く。久しぶりにサルの木揺すりの音と音声を聞いたので、もう、少しでも早くサルを見たいと思い、オニギリを急いで食べ終え、水もたっぷり飲み。山頂での自撮りをして、音声が聞こえたこれから向かう登山路を進む。
10:18 ナナフシだが、名前は?トビナナフシ?
10:23 体重を5キロは減らさないと、、、歩きが辛い
山頂から土山峠へ向かう尾根道は陽がさんさんと注ぎ、暑いくらいである。岩場の急な道なので慎重に足を下す。又もオスザルの示威と誇示の音声だ。発情季特有の発情オス音声だ。ゆっくり下る。すると、目の前に若い発情メスがいて、ぼくを威嚇する。
威嚇する7,8歳メス。オーヨシヨシという感じだ。
離れオスのヒトリザル、ソリタリーが一度、ぼくの方に向かい、斜面の下の方を見て、再びこちらに向かってくる。下にいるメスたちに対して人間など怖いものか!っと格好をつけているのだ。
10:50 オスザルが左下にサルたちに格好をつけている
11:32 革籠石山だ、これから直滑降のような下りだ
12:02 坂尻方面への道との分れ道
12:30 タヌキのタメ糞だ!一番新しい糞塊を1個ゲット
12:43 土山峠着だ!
ここから歩いて13:16に大棚沢駐車場に着いた。GPS上では12.4キロ歩いたことになる。帰宅後、風呂に入って、ウィスキーを飲んだら眠くなったので1時間くらい寝る。サルの群れに出逢い、発情したオスとメスとに会ったし、テン糞、タヌキ糞なども拾えたのでとても充実した1日になった。8時間の行程であったが、サルを30分くらい見ていたことになる。

0 件のコメント: