「特定秘密保護法反対」

「特定秘密保護法」、「集団的自衛権」に反対します。憲法第9条をしっかり守りましょう。教育勅語の教材活用は間違いだ!

自由であっても、他人の生まれ、性別、年齢、故郷、風習、宗教を差別する、小馬鹿にする、冒涜するのは許されない。

原発不要・核廃絶


2016年11月22日火曜日

タヌキは早くもキブシの果実食いをしていた。  Racoon dog foraged already fruits of Stachyurus praecox.

久しぶりの東丹沢の糞の水洗いによる糞分析だ!
今回見つけて拾ってきた糞は、ハクビシンとアナグマかタヌキの糞とタヌキ糞だ。

10:10、高取山の近くの尾根道の543ピーク付近木の根元の洞の中で、
ハクビシン糞
新しい黒い糞の下に茶褐色の古い糞がある。
黒い糞:イヌツゲ果皮と種子
茶褐色の糞:サルナシ果皮果肉と種子

12:50、仏果山から南東への登山道の革籠石山の近くで、
登山者に踏まれたアナグマかタヌキの糞
ケンポナシ果柄と種子、サルナシ種子、腐葉砕片
 
14:30、仏果山・坂尻・土山峠の道標を過ぎた土山峠付近
タヌキ糞
 キブシ種子多数、腐葉砕片、土砂

久しぶりの山歩きで見つけた糞であった。
ハクビシンの糞はイヌツゲの種子の塊のような糞だった。サルナシやケンポナシ、キブシの種子などを見て久しぶりなので懐かしささえ感じた。
しかし、キブシの実はまだ木から林床に落ちてはいない。タヌキは木に登ったということか?

0 件のコメント: